EVENTイベント

公益財団法人日本証券経済研究所と日本証券業協会による「SDGsと資本市場に関するシンポジウム」が開催されます

公益財団法人日本証券経済研究所(理事長:増井喜一郎)と日本証券業協会(会長:鈴木茂晴)は、7月9日(火)、大手町日経カンファレンスルームにおいて、「SDGsと資本市場に関するシンポジウム」を開催します。

趣旨

日本証券業協会は、2017年9月、SDGsで掲げられている社会的な課題に積極的に取り組むため、「証券業界におけるSDGsの推進に関する懇談会」を設置し、検討を進めて参りました。本懇談会の下に設置された分科会の一つである「貧困、飢餓をなくし地球環境を守る分科会」では、SDGsに貢献する金融商品の市場拡大に向けた検討を進め、本年3月、報告書を取りまとめ公表いたしました。本シンポジウムは、同分科会報告書の概要説明と関連する証券会社の取組み状況等の報告、この分野で活躍されている外部有識者の講演、さらには幅広い登壇者によるパネルディスカッションを通じて、参加された皆様に、SDGs推進に向けた資本市場の役割やサステナブルファイナンスの動向等についてご理解を深めていただくことを目的として開催するものです。

日時

2019年(令和元年)7月9日(火) 午後1時20分~4時45分

場所

日経カンファレンスルーム(大手町日経ビル6階)

テーマ

資本市場におけるSDGs推進への取組みと課題

プログラム

時間 内容
午後1時~ 受付
午後1時20分~25分 主催者挨拶(日本証券業協会 会長 鈴木茂晴)
午後1時25分~2時25分
基調講演1
「SDGsと企業の役割」(仮)
蟹江憲史 慶應義塾大学大学院教授
基調講演2
「SDGs推進に向けた資本市場の役割」(仮)
水口剛 高崎経済大学経済学部教授
午後2時25分~2時35分
日本証券業協会 「貧困、飢餓をなくし地球環境を守る分科会」報告書概要について
分科会主査 荻野明彦 大和証券専務取締役
午後2時35分~3時10分
証券会社におけるSDGs推進に向けた取組み状況の報告
水戸証券(魚津亨 代表取締役副社長)
大和証券(荻野明彦 専務取締役)
メリルリンチ日本証券(林礼子 取締役副社長)
午後3時10分~3時30分 コーヒーブレーク
午後3時30分~4時40分
パネルディスカッション
「資本市場におけるSDGs推進に向けた課題と展望」
モデレーター
河口真理子 大和総研研究主幹
パネリスト
相原 和之 野村證券 デット・キャピタル・マーケット部ESG債担当部長
飯塚 優子 住友林業 サステナビリティ推進室長
池田 賢志 金融庁 総合政策局総務課国際室長兼チーフ・サステナブルファイナンス・オフィサー
小野塚惠美 ゴールドマン・サックス・アセットマネジメント運用本部スチュワードシップ責任推進部長
寺沢 徹 アセットマネジメントOne 運用本部責任投資部長
午後4時40分~45分 主催者挨拶(日本証券経済研究所 理事長 増井喜一郎)

申し込み・問い合わせ

お申し込みの方法につきましては、公益財団法人 日本証券経済研究所のウェブサイト(下記URL)左側のバナー「シンポジウムの開催案内」よりご確認くださいますようお願い申し上げます。

URL:http://www.jsri.or.jp/

お問い合わせ先:公益財団法人 日本証券経済研究所 (電話)03-6225-2326