グリーンボンド発行モデル創出事業

グリーンボンドガイドラインに準拠し、かつ、モデル性を有するグリーンボンドの発行事例を創出し広く発信することでグリーンボンドの普及を図る目的で、平成29年度より実施しています。

グリーンボンドを発行しようとする具体事例を公募し、応募された事例の中からモデル発行事例として選定された事例に対して、グリーンボンドガイドラインとの適合性を確認し、発行前報告書を作成し、情報発信を行います。

  1. 発行事例公募

    • 環境省が本事業に応募するグリーンボンド発行体を公募。
    • グリーンボンド発行を検討中の発行体が応募。
    • 応募者は、想定しているグリーンボンドのスキーム案を提出。
  2. 発行事例選定

    • 応募された案件について、書面審査及び第三者委員会(非公開)による審査を行い、モデル発行事例を選定。
  3. 適合性確認

    • 環境省と請負事業者は、採択されたモデル発行事例のスキームについてガイドラインに定める「期待事項」との適合性を確認し、「発行前報告書」を作成。
  4. 情報発信

    • 原則、発行体がグリーンボンドを発行するタイミングに合わせ、モデル発行事例が審査委員会による審査の結果、モデル発行事例に選定されたこと及びスキームがガイドラインに適合している旨の情報発信を行う。(情報発信のタイミングについては、個別に調整可能。)

モデル発行事例

これまでに、以下のグリーンボンドフレームワークをモデル発行事例として選定しています。

独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構

北陸グリーンボンド株式会社

日本郵船株式会社

グリーンボンド発行モデル創出事業 モデル発行事例の公募について(公募要領)